右手はインプット、左手はアウトプット!?

昨日、友人に誘われ舞台を観て参りました。いやあ、やっぱ、生の演技は臨場感があっておもしろいですね。

 

よくも、まあ、あんなに長い台詞が覚えられるなと思いますね。俳優さんにそういうことを言うと、あなたこそよく曲を書けますね、と返され、そんなものかなと思ったりすることもあります。(結局、みんなそれぞれ、何かを持っているわけですな)

 

でも、やっぱり、すごい。

 

近頃、簡単な計算や暗記がスムーズにできなくなっているような気がする私。やはり、使わない脳や能力はどんどん衰えて行くのかなと最近思ったりします。(逆もしかり。筋肉と同じ?)

 

「右手を握って暗記→左手を握って思い出す」これで暗記力アップ!
http://rocketnews24.com/2013/05/14/327661/?utm_campaign=Partner%3A+infoseek&utm_medium=partner&utm_source=infoseek

 

私や、私と同じように暗記に不安を感じている人には役立つ情報かも??

 

記事のタイトル通り、右手を握って暗記してから、左手を握って思い出すと、暗記力が向上する傾向が見られたようです。理屈としては、右手を握ることで、記憶をストックする左脳が刺激、活性化され、左手を握ることで、記憶を引き出す右脳が活性化されるから、だそうです。(ちなみに被験者は全員右利き)

 

 



 

 

でも、待てよ?

 

右手を握ること=インップット

左手を握ること=アウトプット

 

と考えるならば、

 

記憶に留めたくない情報や留めさせたくない情報があった場合は、ひたすら、左手を握ったり、握らせたりすればいいのかな?

記憶に留めさせたくない情報(忘れて欲しい情報)

 

それは何かって??内緒です。笑

 

機会があれば、試してみてくださいね。

 

あ、いや、暗記力向上のためにですよ。^^汗

 

ではでは

 

 

 

そう考えると、右手でペンを持ちながら勉強することは理にかなっていますね。(ペン左持ちの人はどうなんだろ?)なおかつ、勉強している時は、左手で何かを掴んだりしない方がいいかも?あ、それって、ただ、集中してないだけか。w。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です