文化大国日本の首相もがんばれ!

本日、12月17日は大型RPGソフトゲーム「ファイナルファンタジー13」(1987年の第1作発売以来、最先端の映像技術と独特の世界観、豊かなストーリー性で、世界中から高い評価を得ている日本発のロールプレイングゲーム。)の発売だそうで、初期出荷本数が180万本突破。これにより、ファイナルファンタジーシリーズの全世界累計出荷本数は9200万本となったそうです。(すご)この発売により、このゲームをするために、ブルーレイディスクなど最新機能を搭載したゲーム機、プレーステーション3(PS3)の売上げが伸びる可能性も出てきています。(現在、Wiiが900万台、PS3が400万台)WiiはWiiスーパーマリオで対抗する感じで、ゲーム業界の激しい戦いが年末年始と繰り広げられる模様です。事業仕分けで結局、スパコンこと、スーパーコンピューターの予算凍結が実質、見直されるようですが、今や、アニメやゲームを世界に発信する文化大国日本であるので、スパコンよりそういう実のあるところに投資をした方がいいかもしれませんね^^

 

これがゲームですよ!?ファイナルファンタジー13のCM

 

 



 

 

ドラマや映画もアニメ発信のものばかりですしね。。(脚本家がんばれ~とも思ってしまいます)
最後に、文化大国日本の礎とも言える、国民的漫画アニメの「ドラえもん」の最終回をどうぞ。ドラえもんの最終回は何個かあるようですが、(藤子さんによるオリジナルは2個くらい?)作者ではない誰が考えたかわからない有名な都市伝説による最終回、「のび太植物人間説」と「ドラえもんの開発者はのび太説」があります。

 

こちらは、「ドラえもんの開発者はのび太説」をどうぞ。

 

本当に、誰が作ったかわからない、オリジナルではない作品ですが、ひとつの素晴らしい作品だと思いますね。この文化大国日本の底力をも感じさせられます。ファイナルファンタジーの件もそうですが、日本の力、可能性を信じさせてくれるものですね。

 

ではでは。

 

 

アミ:「テレビよりおいらを相手せい!」
どんな芸術品にも嫉妬するアミちんでした^^

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です