「2012.1.25に地震がくる」で思ったこと。

キュレーション

 

近頃、頻繁に目にします。

 

キュレーションとは
情報を収集し、選別し、意味付けを与えて、それをみんなと共有すること。言い方を変えると、情報を価値付けし、情報と情報をつなぎ合わせて新しい価値を生み出すこと。

 

私がブログをはじめて、はや7年近くになりますが、私がブログの中でやってきたことそのものではないですか笑

 

こんな言葉を知らずにやってました。

 

私がブログを書くときは、まずはネタさがし。(もちろん、自分の興味のあるもの)そして、そのネタで感じたこと、疑問に思ったことを、さらに掘り下げるために、また違う情報を探しにネットをうろうろします。結果として、私の書く記事は、2、3個くらいのネタが集合したものになっていることが多いです。

 

こうすることで、記事におもしろさの厚みが出ると思っています。あとは、1個のネタで構成してしまうと、そのネタを知っている人が見たら、その瞬間につまらない記事になってしまうので、複数の情報源にするのは、それを避けるためでもあります。

 

こうやって記事を作成するわけですが、わからないことは大抵、ネットでわかってしまいます。すごいですよね、ネットって。(インドアな私笑)

 

 



 

 

ただ、思うのは、ネットから情報を拾ってくる時点で、その情報は二次的情報といえばいいのでしょうか。誰かを介して知った情報なわけで、自分自身が直接的に知った情報ではないわけです。

 

じゃあ、自分だけ知っているような、直接的な情報って?

 

自分の見た景色、触ったもの、を指すと思います。そう考えると、ホント、小さい世界(情報)の中で自分は生きてるなあと改めて思ってしまいますね。新聞やネットニュースなどで世界を知ったような気分になっていますが、すべては間接的な情報なわけで、言ってしまえば、未確認情報です。

 

なので、何かの情報がウソとかホントとか言われたら、そう信じるしかないわけです。(疑うこともできますが)

 

そんな無数の未確認情報に今、私たちは囲まれて生きています。

 

明日、25日深夜(もう、今日か笑)、大地震がくるとネット上で大騒ぎです。(3.11を当てた人がまた予知夢を見たとかなんとか)

 

う〜ん、とは思いつつも、やっぱり気になるので、ツイッターでその関連の情報を観察していました。すると、アメリカ人の科学者も予言しているよ、とか、誰々も予言しているとか、予言者が増えていく増えていく笑

 

なんで予言者が増えていくかわかりますか?

 

「ネットでは自分の知りたい情報だけを目にすることになるからです。」

 

例えば、コーヒー、体にいい、と検索すれば、コーヒーが体にいいという情報が出てきます。コーヒー、体に悪い、と検索すれば、コーヒーが体に悪いという情報が出てきます。わかりやすいですよね。自分が気になること、求めている情報が、良い悪い、正しい正しくない、関係なく、出てくるのです。

 

だから、こういう状況にあおられ、25日、地震、予言、って検索をすれば、そんな情報がどんどん出てきます^^(そして、予言者が増えていく)

 

ネットはものすごい百科事典だと思います。ただ、自分の意にそぐわないものには触れにくい百科事典でもあります。本の百科事典は自分の意志関係なく客観的情報を提供してくれる点で優れものかもしれませんね。

 

自分の意にそぐわないことに触れない百科事典(ネット)の使い方ばかりをするような人類になっていくと少し危険かもしれないと近頃、そう思う私です。(自分も気をつけなきゃ)

 

ちなみに、25日深夜、地震はこないとおっしゃっている方もいることをあえて、ここで明示しておきましょう。

 

とはいえ、用心するにこしたことはないです。(未来はゆらゆらと不明確なものですから)

 

地震のことを25日というピンポイントで考える問題でないことは、もうわかりきっていること。中長期的に警戒していかなければいけません。25日にこなくても、いつかは。。ゆるんでしまった気を再度、引き締める意味で、25日地震説は意味のあるものかもしれません。

 

とりあえず、未確認情報にふりまわされるだけではなく、まずは直接的情報を固めることが大事でしょう。(事前に、緊急時の対応を家族で決めておくとか、防災グッズとかとか。身の回りのことですね。)

 

なんてことを、思った今日でした。

 

ではでは

 

 

 

25日地震説もそうですが、2005年以来最大の太陽風(巨大フレア)発生により、24日から25日にかけて日本でもオーロラが見れるかも、という情報がとっても気になり、さっき双眼鏡装備で屋上で出ましたが、見れませんでした。。流れ星見れたからいっか笑 一生に一度でいいからオーロラは見てみたい!!

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です