いくつになっても立たねば!

健康と長生きの秘訣はエクササイズではなく「立っている」時間の長さ
http://news.ameba.jp/20140928-306/

 

私にとっては恐ろしい記事です。。思わず、立ちながらブログを書いてしまいました。(集中できずすぐに断念。笑)

 

記事によれば、座っている時間が長い人はテロメアが短く、立っている時間が長い人はテロメアが長いようです。

 

テロメアとは遺伝子の部分のひとつで、この部分が長い人ほど長生きであることが明らかになっています。(記事引用)

 

エクササイズをするしない、どんなエクササイズをするかが大事なのではないのです。大事なのは、どれだけの時間立っているか!?ということなのです。

 

●1日に6時間座っていると死のリスクが40%増大する

●毎日3時間立って過ごすと年に10回フルマラソンを走るのと同じ

●長時間座っていることは喫煙並にあなたの寿命を縮める

●1日13時間座った場合、12時間座った場合に比べ、体が不自由になる可能性が1.5倍高くなる

●スタンディングデスクにより社員の生産性が10%向上したという報告も

 

ざっと調べても、座り続けることの怖さ、立ち続けることの大切さがわかる記事がどんどん出てきます。

 

立ちながら作業を行う、スタンディングデスクは、実際、Googleなどのいくつもの有名企業が導入しています。

 

あぁ、なんだか、こうやって座って色々作業をしているのが不安になってきた。^^;

 

でも、すぐにデスク環境を変えられるわけでもないですし、実際、今立ってみましたが、慣れないせいか、なんだか集中しづらいです。。(創作活動は特に)

 

 



 

 

スタンディングデスクを捨てて気づいた「座っていても健康でいる方法」
http://www.lifehacker.jp/2014/04/140413standing_desk.html

 

この記事にもあるように、

 

スタンディングデスクは人によって相性はありそうですが、立つことの重要性は確かなので、今後はテレビを立ちながら観るとか、メールチェックやルーティンワーク時だけ立ちながら作業するとか、色々してみようかと思います。笑

 

とりあえず、立つ時間増やさなきゃ。。

 

みなさまは一日どれくらいの時間立っていますか?

 

ではでは

究極のスタンディングデスクですね。笑。ここまできたら、絵を描くときに使うような、首からかける台があれば、どこでだってスタンディングデスクができると思うのですがいかがでしょう。^^でも、それは首を痛めちゃうか。うーん、健康は難しい。。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です