打倒Google。プライバシーを保護する検索エンジン「Brave」。選択肢があることの重要性。

【打倒Google!プライバシー最優先の検索エンジン「Brave」】
https://www.gizmodo.jp/2021/03/brave-is-launching-a-privacy-first-search-engine-to-tak.html

 

・私たちが検索した情報(プライバシー)は検索エンジンGoogleなどに収集されている

プライバシーを保護しない検索市場の巨人がGoogleとするならば、Braveはプライバシーを保護する方の検索エンジンの巨人を目指す

・現在開発中。リリースの時期は不明

 

以上、記事引用、参考

 

 



 

選択肢のあることが大事

 

私たちは普段、何気なく検索をしたりしてネットを使っています。

そして、それらの検索履歴は検索エンジンのGoogleなどにほぼすべて収集されています。

インターネットを使い始めて間もない頃、「検索エンジンに検索履歴などのプライバシーが収集されている」と初めて知った時、すごい抵抗感を感じたのが懐かしいです。今では、そんなことおかまいなしに使い続けているのが現状です。

 

つまり、ネットを使う=自分の情報が収集される

 

そんなの当たり前でしょ。仕方ないことでしょ。、、と私を含めみんな思ってしまっているのではないでしょうか。(感覚の麻痺?常識化?)

 

そんな中、プライバシー保護を目指した検索エンジンの情報は、そんな麻痺した感覚から覚ましてくれるものかもしれません。

 

プライバシー保護される検索エンジンとしては、記事の中にもあるように、DuckDuckGoが結構有名です。私もたまに使います。

 

【2021年に利用すべき検索エンジン21選】
https://kinsta.com/jp/blog/alternative-search-engines/

 

プライバシー保護される検索エンジンとしては、そのほかにStartPageというものもあるみたいですね。これは私も知りませんでした。

 

検索エンジンと言えば、GoogleやYahoo!となりがちですが、この記事にもあるように、実は選択肢がいろいろあります。

 

生きていく中で選択肢があること、選べる状態にあることって、とても大事だなと改めて思います。

逆に、選択肢がない、選べる状態ではないって、相当やばいですよね。^^;

 

私たちはネット上で検索して選んでいるつもりが、実はその前段階の検索エンジンを選んでなかった、、という話。

自分が選んでいるようで、実はその前段階で選んではいなかった。(根本的に選んでいなかった)

 

こんなことが他の場面でも気がつかないうちに、あるかもしれません。

 

上の記事を読んで、そんなことを大げさに思うのでした。

 

ではでは

 

 

政治も社会も、すべてにおいて一強になりすぎるのもよくないと私は考えます。

 

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です