思考をする時は、パソコン入力ではなく手書きにするべき。そのわかりやすい理由。

【GAFA部長が断言「パソコンでアイディア整理をする人は仕事ができない】
https://president.jp/articles/-/46257

 

思考をする時は、鉛筆でA3の白紙にまとめるべき。思考の広さや深さは描いているキャンパスの広さに比例するから

パソコンに向かって考えると、プロセスが「思考→操作→描画」となってしまい、思考が分断される

・思考の途中段階でパワーポイント(PC)を使って整えると、まだ途中段階なのに完成品のように見えて、新たなアイディアが出にくい

・パソコンは、アイディアを出したり、まとめるツールではなく、アイディアを清書するためのツール

・実際、「キーボードを打つ」よりも、「手書きで文字を書く」方が脳の働きが活性するという研究結果が出ている

 

 

以上、記事引用、参考

 

 



 

デジタル思考ではなくアナログ思考を

 

パソコン入力よりも手書きの方が脳が活性する、

パソコン入力よりも手書きの方がアイディア(発想)、思考のためによりよい

 

こういう類の話は聞いたことのある人も多いでしょう。私も知っていました。

 

ただ、なぜそうなのか、という表現の仕方が、この記事はおもしろいなと思いました。

 

私なりに、その理由を2点あげてみます。

 

ひとつは、

「思考の分断」

 

手書きの場合は、思考が直接的に反映されますが、PC入力だと必ず「操作」が間に入ります。たとえば、円を描こうとすると、手書きは思考のまま描けますが、PC入力だと、必ずツールを開いたりと、操作が必要になりますよね。

 

それによって、思考が分断されたり、せっかく走っていた思考にブレーキがかかる可能性があります。

 

もうひとつは、

単純作業と複雑作業との差」

 

たとえば、数字を1から10の数字を書くこと、「ありがとう」という文字を書くことを想像してみてください。

 

PC入力の場合、すべて、キーボード上の決まった場所を叩くだけで入力されていきます。動作としては単純作業です。

それに比べて、手書きは、曲線を描いたりと、PC入力に比べて複雑な作業ですよね。

 

つまり、単純作業よりも複雑作業の方が脳が活性して、脳に定着する、ということなのでしょう。

 

スマホも同様で、私たちは常にスマホの決まった部分を常にクリックして、操作したり、メモしたりしています。スマホの単純な動作、単調な動作からは、脳は活性しないのかもしれません。(スマホのメモを覚えていなかったり、スマホで調べたことをすぐ忘れるのはこういうことかも)

 

「思考の分断」

「単純作業と複雑作業との差」

 

以上、この2点は、PC入力の操作を複雑と見るか、単純と見るかで見方が変わってくるかもしれませんが、いい視点だと思いませんか?

 

 

あと、

私は将棋AIのことを思い出しました。

 

「将棋AIは確かに強いですが、将棋盤以外のこと、将棋盤の外側のこと(座敷とか、お庭とか)は考えられない」

 

こんなことを前に読んだことがあるんですが、上述とリンクするような気がします。

 

PC入力というのは、どう頑張ってもPCの中(世界)のことしか扱えない、デジタル思考

手書き入力というのは、用紙の大きさに比例したり、もしくは用紙をはみ出して描くことも可能で、無限大な、アナログ思考

 

、、と言うこともできるのかもしれません。

 

最近、いつ頃、PCでもなく、スマホでもなく、手書きで思考したでしょうか?アナログ思考をしたでしょうか?

 

際限のないアナログ思考をなるべく行なっていきたいですね。

 

ではでは

 

打ち合わせでは必ずノートに手書きをする私です。思考の限界を広げたいから、もっと大きいノートにしようかしら。あと、子どもが画用紙をはみ出して絵を描いちゃうというのは、際限のないクリエイティビティを如実に表していると思います。^^

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です