何人で飲むのがベストか。飲み会人数論。

先日、珍しく自分主催で会合を開きました。まあ、たまにあるんです。(年に1.2回?)室内でもぞもぞ作業しているとたまにはっちゃけたくなるのです。そんな思いから召集をかけたわけですが、うれしいことに友達が友達を呼ぶ感じで広がり、大人数になりました。

 

たくさんの出会いがあり、わいわいできてとても楽しかったのですが、ひとつ残念だったのが、ひとりひとりとそんなにお話ができなかったこと。まあ、大人数だから仕方のないことなのですが。

 

そんなこんなで、飲み会で集まる際にベストな人数という定義づけされたものはあるのかなあと気になり、ちょっと調べてみました。

 

で、たどり着いた、その人数が、、、

 

4人

 

以下の2つの要素の絶妙なバランスがとれるのが4人ということらしいです。

 

・人数が少ないほど、発言の機会は増えるが、聞いたり考えたりする時間は減る。

・人数が多いほど、聞いたり考えたりする時間は増えるが発言の機会が減る。

 

つまりは、発信と受信のバランスが一番いい形でとれるのが4人ということになるそうです。

 

 



 

 

ちなみに、女子会を行う場合も4人がいいらしいですね。(4人だと女性のストレス値は下がるらしい)

 

3人などの奇数だと2対1になって険悪な関係になってしまうこともありますが、4人だと、それぞれが言いたい放題バラバラなことを言って結論が出ないまま平和に終わるからだそうです。(男性4人だと結論や目的を求める傾向があるそうです。)

 

女子会4人がベストの理由は、上述の発信や受信のバランスじゃなく、敵と味方、優勢と劣勢に別れないからということですね。あ~、女性ってのは、、笑。

 

4人卓が5人卓になった途端、互いが変に気遣うような雰囲気になって会話が弾まなくなった、という体験談とかを見ると、4人という人数は本当に絶妙なのかもしれません。

 

次回、召集した際は4人テーブルで何グループかに分けた方がいいのかなあ?(汗)

 

自分自身は楽しかったのですが、みんなはどうだったかな、と二日酔いの翌日にもんもんと考えていた私なのでした^^

 

でも楽しかった〜♪ありがとう。

 

ではでは。

 

 

私主催のこの集まり、「新宿座談会」。昔は実は「新宿恋愛座談会」という名前でした^^。(いつの間にか恋愛がとれている)何歳まで開けるかなあ。行けるところまで、みんなでわいわい!

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です