テレパシーが可能に?筒抜け時代到来!?

ネットでテレパシーが可能に?
脳のシグナルで意志が正確に伝わった割合は72%
http://irorio.jp/daikohkai/20150927/263344/

 

1.6km離れたふたりの頭に磁場コイル(ネット接続)をつけて、簡単な質問をしたところ、72%の割合で意志が正確に伝わったそうです。(片方がYESと思ったら、もう片方もYESだと感じ取れたそうです。)YESかNOの2択ではありますが、これはすごいですよね。

 

脳波をひとつの電波のようなものと考えれば、脳と脳とで脳波を直接やりとりする時代がいつかくるかもしれません。

 

私は脳科学の専門でもないので、勝手な妄想がふくらみますが、脳波をひとつの電波のようなものと考えると、電波(無線)がそこらじゅうに飛び交っている今の世の中と同様の「良いこと」「悪いこと」が想定できそうです。

 

・無線同期ならぬ、脳波同期
・無線コミュニケーションならぬ、脳波コミュニケーション
・電波ジャックならぬ、脳波ジャック
・電波障害ならぬ、脳波障害
・通信の容量制限ならぬ、脳波の容量制限

 

いくらでも例えが出てきてしまいますね。この辺にしておきましょう。^^;

 

 



 

 

テレパシーのできる世界というと、なんだかSFな感じで、おもしろそうですが、現実的に上のようにいろいろ想像すると一概に喜ぶばかりではいられないかもしれません。

 

脳波=脳の情報=自分の考えや思い、言わば自分そのもの。
仮に脳波のやりとりがされるとすれば、それはある意味、すべてが筒抜け状態とも言えます。

 

まあ、インターネット、SNS時代の今もある意味、筒抜けの時代かもしれませんね。

 

もしかしたら、時代はどんどん、脳波の時代に向けて、どんどん筒抜けの時代になっていく?筒抜け度が増していくのかもしれません。^^;

 

あ、そうそう、マイナンバー制度はその始まりのひとつなのかもしれません。笑

 

さあ、どうなるやら。。

 

ひとつ言いたいのは、年金情報あんだけ流出してんだから、究極の個人情報であるマイナンバーを流出した際は、誰が、どこがどういうふうに責任をとるのかあらかじめ定めておいて欲しいですな!(新国立問題も結局どこも責任とらなかったからね)

 

責任をとれない人、とるつもりのない人には何もまかせられませんよ。

 

これ、政治とか関係なく、一般常識です。

 

ではでは

 

 

もしも、脳波のやりとりがスムーズにできるようになったら、100%に近い意思疎通もできてしまうのかな?そこまで行ってしまうと、自他の区別、境界線がなくなってしまいそうですよね。。そうなったら、「違い」や「歪み」を楽しむことがなくなってしまうような気がするのは私だけでしょうか。伝えきれないこの思い、みたいな、もどかしい気持ちも、それはそれで良いとは思うんですけどね^^;そういうのが音楽的だと思うし。笑

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です