世界とは異質?日本人は「セックス」よりも「美味しいものを食べること」(調査結果)

【日本人がセックスより気持ちいいと感じる「美味しいものを食べる」ことへの欲望】
https://news.yahoo.co.jp/byline/arakawakazuhisa/20211002-00258823

 

・(株)TENGAが世界9カ国に対して、「もっとも快いと感じるものはどれですか?」と調査

※日本在住の海外出身者に調査しているので、以下においては、アメリカ→アメリカ人、イギリス→イギリス人、世界(海外)→外国人、という意味になりますね

・結果、アメリカやイギリスなど欧米諸国だけでなく、中国・韓国も1位は「セックス」なのに、日本だけなぜか「美味しいものを食べる」が1位。

日本人は集団主義と思われがちだが、実は、ひとり旅、ひとり焼肉などなど、日本では、ひとりで楽しむ「ソロ活」が大きな市場になってきている

・家族に比べて、独身男性のエンゲル係数は高い。(外食に至っては家族の1.7倍)

食はもっとも手っ取り早い「幸福感」獲得手段だから(セックス同様に、食でも脳内の快楽物質ドーパミンが出る)

 

 

以上、記事引用参考。

 

 



 

世界とは異質?日本人にとっての幸福は食??

 

おもしろいランキングと考察だと思ったので、上の記事をご紹介。

 

上の記事を読んで、すぐに思い出したのが、これ↓

 

【毎日同じものを食べることが世界標準で「毎日違うものを食べなければならない」という拘りがある日本は少し不思議の国かもしれない】
https://togetter.com/li/1516776

ざっくり要約すると、

____________

海外では毎食同じメニューなんて結構普通なのに、日本人は「今日の夕食は何にしよう。」と考える人が多い。テレビをつければ、グルメ情報や芸能人がおいしいものを食べる姿ばかりだし、海外から見ると「日本人の食へのこだわりは異常」。

____________

という感じ。

 

こういう情報も踏まえると、

日本人の快いランキングの1位に「食」がくることも、うなずけるかもしれません。(ちなみに、9カ国の中で、「セックス」が1位の国はアメリカ、イギリス、スペイン、フランス、中国、韓国。ドイツは2位に、台湾は3位に、そして、日本は5位にランクイン)

 

まあ、実際、自分もよく「一番簡単に幸福になる方法は美味しいものを食べること」と言っているしね。。

 

たしかに、

「人」の場合、いくら好きな人であっても、相性とか、すれ違いや、裏切りのようなこともあるけど、

「食」の場合、自分の好きなものであれば、相性とか、裏切りのようなことはまずないんですもんね。^^

 

こう言っている時点で、私もTHE日本人なのかもしれませんが^^;

 

コロナ渦において、もしかしたら、

海外では、セックス(濃厚接触)ができなくてストレス

日本では、緊急事態宣言で美味しいものが食べれなくてストレス

、、になっているのかもしれませんね。笑

 

ちなみに、「セックス」と「食」においてのランキングは日本と海外では差がありましたが、

「愛している人と共に時間を過ごす」「人を抱きしめる」「笑う」という項目に関しては、9カ国すべてにおいて、上位にランクインしていました。

 

「セックス」と「食」はとりあえず、おいておいて、

この3項目において幸福度アップさせることを考えるのもよいかもしれません。

 

ではでは

 

 

緊急事態宣言も解除されたので、徐々に、美味しいものを食べたり、人に会いに行きたいですね。

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です