本当の知性とはなにか?自分は?あの人は?知性があるかどうかの基準はこれ

【中野信子「本当の知性とはなにか?」_”自分の基準をつくる営み”という学びの観点/脳科学者】
https://news.mynavi.jp/article/20210325-1827529/

 

・コロナによって歴史的な転換が起きている今の時代、特に養うべき力は、「価値を測る基準」を持つこと

・99%正解するような簡単なテストでも、同調圧力によって誤答率が37%まで上がるという実験結果もある。価値を測る基準がしっかりあれば、同様の過ちをおかしにくい(流されにくい)

・「学び」はもっとも効率のいい投資(武器、防具)である。自分の基準をつくる営みこそが「学び」

自分の基準をつくるにために、常に物事に関して「なぜ?」と考えよう

・「なぜ?や「理由」に関して、自分なりの答えが出ないものは、そのままにしておいてよい。答えが出ないものごとを自分のなかに抱えて置ける力、それこそが知的体力(なんでも白黒で考えるのは、ある意味、楽で、思考停止した状態とも言える)

・特定の考え方をすばやく摑んで理解するのは、知性でもなんでもなく、むしろ、自分とちがう意見をどれだけ抱えていられるか。異なる意見や考えのなかで右往左往できるか。それが本当の知性のあり方

 

 

以上、記事引用、参考

 

 



 

今の世の中に知性のある人はどれだけいるだろうか

 

この前も知性について少し書いたような気がしますが、こういう話が好きなもので、、すみません。またピックアップ。^^;

 

答えが出ないものごとを自分のなかに抱えて置ける力、それこそが知的体力

 

この言葉、本当にそうだなと思いました。

 

前のブログで、

 

「知能は答えのある問いに対して、いち早く答えを見出す能力」

「知性は答えのない問いに対して、生涯かけて問うても答えなど得られぬとわかっていても、それでも、その問いを問い続ける能力」

 

こんな言葉を紹介しましたね。やはりリンクするような気がします。

 

もっと、シンプルに言うと、

 

知性とは、簡単に答えを出さず、考え続けること

 

なのかもしれません。

 

去年末のブログで、私はトランプ大統領やコロナによって、世界は分断が強まった、というようなことを書きました。

本当は簡単に答えなんて出ないはずなのに、白黒で考える人が増えたような印象です。結果として、分断が生まれやすい。

 

変な例え話をしますが、

 

自動車の運転は「だろう運転」ではなく「かもしれない運転」がよいと言われています。

 

だろう運転は、近くに人がいるけど渡らないだろうと決めつけて運転します、そして事故りやすい。

かもしれない運転は、近くに人がいるから渡ってくるかもしれないと、いろんな可能性を考え、事故りにくい。

 

今は、白黒を決めつけた「だろう運転」をする人が多いかもしれません。これが国レベル、世界レベルになってしまうと、とてつもなく大きな事故が起きるかもしれませんよね。。少し心配です。

 

私の知性もまだまだですが、なるべく知性的であろうと、考え続けようとしております。

 

たとえば、コロナの件、

 

去年末、ブログで書いたように、私は「現状、コロナはインフルの脅威レベルを超えていない」という立場でした。

 

今も基本的な立場は変えていませんが、インフル以上の猛威を振るう可能性もゼロではないと未だに考え続けています。(日本はともかく、海外の状況を見ていると変な楽観視はできない)

 

ついでなので、ここに、コロナについての疑問を素人なりの知性で箇条書きさせてください。

(とりあえず3点だけ書くので興味のない人はスルーしてください)

 

・(コロナ)ウイルスというのは毎年、何百種類も変異するのが当たり前です。「今年の風邪(コロナ)は喉にくるなあ」みたいに、季節性の風邪(コロナ)も変異のせいであったはずです。そう考えると、2019年のコロナ、2020年のコロナ、2021年のコロナ、これらは何を持って旧型、新型とするのか?何をもって変異と呼ぶのか?そして、それぞれのコロナウイルスはしっかり区別できているのか?そんな疑問が出てきます。それぞれの脅威レベルの比較、計測をしてほしいと私は思っています。(新型コロナの科学的定義)

 

・イスラエルの大規模ワクチン接種による陽性者減少は有名な話ですが、ワクチン接種をしていない、イスラエルの周辺国も同様に陽性者が減少した事実もあります。そして、今はイスラエルと周辺国が同様に微増しています。この辺の科学的な説明がほしいです。(ワクチン接種と未接種の比較データ。副反応どうのこうのではなく、有効性を表すデータがもっと欲しい。)

 

・日本は、1/22から、PCR検査のCT値を40〜45から、WHOが推奨する30〜35に変更しました。(数値変更によって確実に陽性者は減ります)陽性者グラフはそれとリンクするように減少しているようにも見えます。緊急事態宣言、Go Toキャンペーン、入国規制(緩和)、PCR検査のCT値の変化、などなど、改めて、感染拡大や縮小の原因(効果)はどこにあると考えているのか、専門家や政府に科学的に説明してほしいです。

 

、、まだまだ書きたいことはありますが、この辺にしておきますね。^^:

 

みなさまも、なんでも鵜呑み、白黒思考にならず、すべての可能性を考え続けましょう。知性を持っていきましょう。

 

ではでは

 

P.S.正直、なんでもかんでも白黒断言調で話す人に知性は感じないですよね。相手の意見を全然聞かない人もね。「悪人や詐欺師は断言調で話す人が多い」という話もどこかリンクするかも?

 

「もしも新型コロナが本当にやばいウイルスだったら」「もしも新型コロナはインフルや風邪とそんなに変わらないものだったら」どちらの仮定(可能性)に立っても、本当にやばい状態です。人類の知性が試されてますね。

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です