ラッピングしてプレゼントすると感動が減少する?(研究結果)

【研究で判明した、相手に喜ばれる「ラッピング」のコツ】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191216-00010002-cosmopoli-life

 

・美しくラッピングされたプレゼントを贈られた人は、中身を見た時の感動が減少する

・その理由は、外見が完璧であるほど、中身に対する期待が高まってしまうから

・逆に、不恰好なラッピングだと期待度が低く、その分プレゼントに対する満足度が上がる

・この効果は、親しい友人や家族に対してのもの。友人とは言えないほどの知人レベルだと、逆にラッピングの美しさに重きを置くようになる

 

以上、記事引用参考

 

 

 



 

 

 

プレゼントは、親しい人だと中身が大事、親しくない人だと外見が大事

 

 

親しい人に贈る場合は過度はラッピングは逆効果

知人レベルに贈る場合はラッピングは好印象

 

たぶん、

親しい人に贈る場合は期待度がキーポイントですね。

知人レベルに贈る場合は手間がキーポンイトだと思います。(「わざわざこういう形にしてくれてありがとう」みたいな)

 

親しい人ほど中身(プレゼント)が大事、親しくなくなるほど外見(ラッピング)が大事、とも言えるのかな?

 

まあ、一番は中身と外見(ラッピング)のバランスがちゃんととれているものですよね。^^

 

いや、一番大事なのは中身(プレゼント)がすばらしいことですな。笑

 

これから、クリスマス、年始年末シーズン、中身のプレゼントをよく吟味した上で、ラッピングのことも少し考えみましょう。

 

ではでは

 

そのラッピングが相手にとって期待度となるか、手間と映るか、ですな。^^

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です