世界のインターネット普及率は57%。ネット世界はまだまだ初期段階。

【わずか1分間でAmazon・YouTube・zoomなどはどれくらい利用されているのか?】
https://gigazine.net/news/20201001-every-minute-social-media-2020/

 

・2020年において、「1分間あたりどのくらいのインターネットサービスが提供されているのか」

Facebook画像のアップロード14万7000枚・投稿のシェア15万回
Instagramストーリー投稿34万7222件・ビジネスアカウントのクリック13万8889回
zoomミーティング参加者20万8333人
Netflixムービーのストリーミング40万4444時間分
YouTubeムービーのアップロード500時間分
Twitter新規ユーザー増加数319人
TikTokインストール数2704回
Amazon商品出荷数6659件
WhatsAppメッセージ送信4166万6667件
Reddit閲覧者47万9452人
DoorDashオーダー555件
Spotifyライブラリへの保存数28曲
Venmo送金額23万9196ドル(約2425万円)
LinkedIn仕事の依頼6万9444件
Microsoft Teams接続ユーザー数5万2083人

 

・スマートフォンアプリに対して1分あたり約3805ドル(約40万円)の課金や138万8889回の通話が行われている

・オンライン全体では1分あたり約100万ドル(約1億547万円)のお金が消費されている

インターネット人口は、2014年は約30億人、2020年には約45億人に増加(世界のインターネット普及率約57%)

 

以上、記事引用参考

 

 



 

巨大なインターネット世界だが、まだ初期段階

 

記事の中の「人類はまだインターネット開発の初期段階」という言葉が印象的です。

 

たしかに、インターネット普及率がまだ57%ということだけを考えても、そうなのかもしれません。

 

1分間でこんなにサービスやお金が動いているのにね!!

 

私たち(日本人)の日常からすると、インターネットはもう馴染みのあるもので、初期段階はとっくに終わり、熟した段階にきているのかな?と思いがちですが、そうではないのです。「この20年くらいで、インターネットは大きな革命を起こしたなあ」と過去形のように話してしまいそうですが、そうではないのです。

 

インターネット(ネット世界)はまだまだ初期段階でこれからなのです。

 

本当のインターネット革命はこれからなのかもしれません。(これ以上の革命ってどんなだろう^^)

 

まだ普及率57%ですが、これが100%近くになり、世界中がインターネットでつながった時、本当のインターネット革命が起こるのかもしれませんね。(国、国境、通貨、文化、交流、などなどの概念がどうなる?)

 

恵まれた環境にいる私はついつい、AIとか、いろんな新規のテクノロジーに目がいきがちですが、

上のデータを見て改めて、インターネットというものの有り難さ、重みを感じるのでした。

 

ではでは

 

Google Earthでは世界中を見ることができます。本当のインターネット革命が起きたら、視覚だけでなく、簡単に世界中を五感で感じれる時代がくるのかもしれません。

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です