ストリーミング業界で相次ぐ広告付きプラン。広告再生の驚くべき新機能。広告から逃れることができなくなる究極の時代へ

【ストリーミング業界で相次ぐ「広告付きプラン」はユーザーや広告主を本当に幸せにするのか】
https://wired.jp/article/advertising-services-devices-rant/

 

・英国の有料ストリーミングサービス「NOW」は、月額5ポンドを上乗せした「NOW Boost」プランに加入しない場合は、コンテンツ配信の前に広告が流れるようになった

・米国では動画配信サービス「HBO Max」が広告付きプランを月額10ドル、広告なしのプランを追加5ドルで提供

・ワーナー・ブラザース・ディスカバリーは、広告を含む月5ドルのプランに加えて、広告なしの視聴には2ドルを追加しなければならない。

・Huluはすでに広告なしの視聴に追加料金を課すプランがある(広告付きが7ドル、なしが13ドル

・「Disney+」とNetflixは、早ければ年内にも広告付きプランの導入を始める見通し

・広告表示のない「YouTube Premium」は、通常プラン月1180円、ファミリープランが1780円

・広告なしの「Spotify Premium」は、スタンダード980円、ファミリープラン1580円

・「Apple Arcade」と「Google Play Pass」といった、ゲームのサブスクリプションサービスは、月額600円(広告を流すことを基本に構築されたゲームも存在)

・映画館への“通い放題”サービスを提供してきたムービーパス[編註:19年に経営破綻]が再始動にあたって立ち上げた「MoviePass 2.0」。このサービスには、アプリ内で広告が再生される際に、スマートフォンの画面から目をそらすと広告が一時停止する機能がある。

 

 

以上、記事引用参考

 

 



 

広告からよりいっそう逃れらなくなる究極の時代へ

 

多くの定額(サブスクリプション)サービスを利用するようになった現代の私たちですが、それと同時に、広告との接点が増えてきたのも事実です。

 

・広告付きのサービスは無料、もしくは低額

・広告なしのサービスは有料(有料なら広告はなし)

 

、、という形が常識になっています。

 

無料の広告付きのサービスの代表格はテレビですね。一方、有料の広告なしサービスは、NetflixやDisney +などがあります。

どっちのサービスも、有料無料、広告ありなし、など、メリットデメリットがあり、棲み分けされていました。

 

しかし、ここ最近、有料の広告なしサービスが、上記のように、広告をつけ始めました。(今までのように広告なしにする場合は追加料金払ってね、という感じ)

 

有料で広告なしサービスを楽しんできたユーザーとしては「なんだよ」という感じですよね。^^;

でも、囲われてしまったユーザーは、この流れに従わざるえないのでしょう。

結局、ユーザーは広告攻撃から逃れることはできないのかもしれません。

 

そして、今回、一番、驚いた注目すべき情報↓

 

アプリ内で広告が再生される際に、スマートフォンの画面から目をそらすと広告が一時停止する機能

 

これ、広告攻撃から逃れられない、の究極ですよね。。

 

これまでは、テレビのCM中とかに、トイレ行ったり、飲み物を取りにいったりしてました。

広告が流れることは仕方ないにしても、広告を避けることができました。

でも、

目を逸らしたら広告が止まる(広告を視聴しなければ次にいかない)という機能は、広告を避けることもできないことを意味します。(スマホの顔認証の技術が、この広告視聴機能に活用されそう)

 

これって、とても大きいことだと思いませんか?

 

少し前までは、有料プランに入ることで広告から逃れることができました。でも、最近、有料プランでも広告が入るようになってきました。そして、ついには、広告をちゃんと視聴しないといけない機能も出てきたのです。

 

改めて、広告攻撃から逃れることも、避けることができない、究極の時代に突入していくのかなと思われたのでした。

 

ではでは

 

<お知らせ>

【A24公認!CINEMORE presents A24 night !】9/2 19時開催! A24のこれまでとこれからを語り尽くそう!
https://wired.jp/article/advertising-services-devices-rant/

イベント内の音楽をお手伝いしまいた。普通のチケットは売り切れたようですが、配信チケットもあるようです。よかったら。

 

 

 

広告から逃れることはできませんが、広告をどう捉えるかは自分次第です。基本、私は広告を見てから欲しいと思ったものは、必要のないものだと思っています。

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。