現状維持より変化を選ぶ人の方が幸福になるという研究結果。常に、変化、進化、成長を。

【変化か現状維持か。幸せになれるのはどっち?】
https://www.lifehacker.jp/article/2206-study-of-20000-coin-tosses-shows-we-should-all-take-more-chances-in-life/

 

・本人に代わってバーチャルのコイントスで人生の選択をするというサイトを開設。表が出たら人生の方向転換、裏が出たら現状維持。およそ2万人が参加

・実験参加者に対して、コイントスの2カ月後と6カ月後に連絡をとると、ランダムなコイントスによって(もしくは、自分の意志で決めた場合でも)人生を大きく転換させた人は、それまでの針路を維持した人よりも明らかに幸せになっていた

・私たちは、現状維持に偏りすぎる傾向があり、もっと人生を揺り動かしたほうが幸せになれるようだ

・別の研究では、長期的に見ると、人は挑戦して失敗したことよりも、やらなかったことを後悔する可能性のほうがずっと高いことがわかっている

 

 

以上、記事引用参考

 



 

現状維持ではなく、変化、進化、成長を

 

現状維持をめざすと、ゆるやかな後退、衰退につながる

と私は前々から思っています。

 

体の筋肉や老化、技術など、あらゆる面で適用できるのではないでしょうか。(基本は、緩やかに逆行するエスカレーターに乗っているイメージ。立ち止まっていれば後退する。)

 

そんな考えの私は、上の記事を読んで、やっぱりそうだよねと思いました。

 

2万人という、ちゃんとしたデータで示しているところがまたいいですね。

 

改めて、

 

人は現状維持したがる性質を持っている

でも、

現状維持より変化を選んだ人の方が幸福度が高い傾向

 

、ということですが、

 

じゃあ、何でもかんでも変化させればいいのかというと、そうとは思いません。

 

変えないもの

変えるもの

 

それらの見定めが大事なわけです。

 

絶対的な正解があるわけではありませんが、

私なりの見解を勝手に言うならば、

その変化がただの変化ではなく、進化(成長)するものだと自分が思えるものであることが重要です。

 

そう信じられる変化を選ぶべきだと私は思っています。(もちろん、あとで違った場合もあるかもしれませんが)

 

ということで、

 

私なりに言い換えると、

 

現状維持に甘んじず、なるべく進化や成長につながるような変化を選択していきましょう。

 

ではでは

 

少し主旨が違うかもしれませんが、「狂気とは即ち、同じことを繰り返し行い、違う結果を期待すること」という言葉が結構好きです。この名言、アインシュタインやペンジャミン・フランクリンの言葉ではなく、古い小説の一節らしいですね。

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。