座る時間が2時間増えるごとに、死亡率15%上昇(研究結果)

【連続して座っている時間が長いほど死亡率が増加する、京都府立医科大が確認】
https://news.mynavi.jp/article/20210628-1911537/

 

・10万人以上の人々の健康状況を20年間、追跡調査する中で、座っている時間が長いほど死亡率が増加することを確認

・世界の中で、日本の座位時間はトップ(最少のポルトガルは日本の半分以下)

日中の座位時間が2時間増えるごとに、死亡率が15%増加することが認められた

生活習慣病(脂質異常症、高血圧、糖尿病)の有無の比較では、生活習慣病のない人は死亡率13%増加、3つ保有する人は死亡率42%増加

余暇時間中の身体活動を増やしても、座位時間による死亡率の減少効果はわずかであると確認

 

 

以上、記事引用、参考

 

 



 

座るのは、体が楽だが、体に悪い

 

長時間座ることが体に悪いことはよく言われることですが、このように大規模なデータで確認されたことは注目したいところです。

 

長時間座ることって、たしかに、楽なんですが、筋肉も動かしていないし、血流も悪くなるし、体にはよくないですよね。

 

私も毎日のように、長時間座位での作業なので、このデータは身にしみます。。

でも、毎日、長時間座位だからこそ、毎日、筋トレしたり、走ったりと、その分を解消しようと体を動かすことに励んできました、、、、が、、

 

運動したからって、長時間座位による悪影響はそれほど解消されないことも確認されたようで、どうしよう、、と戸惑っている状態です。^^;

 

一番いいのは、やはり、座る時間を短くすること連続する座位時間を中断することも重要と上の研究でも言ってます)

 

あと、私、個人的には、貧乏ゆすりなど、座りながらも足を動かすことを意識することもいいのではないかと思っています。筋肉が動いて血流が少しはよくなりますから。実際、エコノミー症候群対策として推奨もされてますし。

 

コロナ渦で、テレワークも増え、宅飲みも増え、外に出かける機会がすごい減りました。おそらく、その影響で、国民全体で座る時間もかなり増えているのではないでしょうか。心配です。

 

そうそう、

 

マスク生活になって、みんなの呼吸が浅くなっていることも心配ですよね。(浅い呼吸だとイライラしやすいです)

 

・長時間座位によって体の健康を害する

・マスク生活の浅い呼吸で体と心の健康を害する(深呼吸って心身の健康に本当に大事ですから)

・そして、シンプルに、今の状況において、心の健康を害する

 

多くの日本国民はこのような状態なのではないでしょうか。

 

本当に心配です。

 

一人一人が心身ともに健康になっていくことが、日本全体の健康や元気になると思うので、一人一人が気をつけていきたいですね。

 

まずは座る時間から。

 

ではでは

 

日本人が世界で一番、座位時間が長いようですが、日本は世界で一番の長寿国ですよね?そのへんの整合性がとれないんだけど、どう解釈すればいいのだろう。もしも、日本人が座位時間を短くしたら、もっと、ぶっちぎりの長寿国になるのかな?

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です