イケメン・美人ほど、年収が高くて、出世しやすいという調査。そもそも、「美」って??

【イケメン・美人ほど「年収が高くて、出世しやすい」のは本当なのか?】
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/83944

 

・全国の2199人に学術調査を実施

・上位25%のハンサム・美人と下位25%のグループを比較

上位は下位に比べて、恋人の数が1.5倍、キスをした人数が1.7倍、告白してきた人数1.8倍多かった

上位は下位に比べて、世帯年収が148万円、正規雇用が10%、課長以上の役職が倍ほど多かった

 

以上、記事引用、参考

 

 



 

「美」は曖昧なもの、定義できないもの

 

アメリカの容姿レベルの、こういう研究はありましたが、日本ではこれが初めてだそうです。

 

そして、日本の調査でも、アメリカと同様に、イケメンや美人は年収が高いなど、いろんな優位性があることが統計で明らかになりました。

 

ただ、強く思うのは、

 

イケメン・美人かどうかって、人の好みによって変わりませんか?

 

今回の日本の調査は、調査員が調査対象者の見た目(顔)を10段階で評価して、データ化しています。そのデータはあくまで、調査員の好み(基準)によって、作られたイケメン・美人データですよね、、と強く思います。(1の評価をつけられた人はかわいそうだし、1の評価をつけた調査員の感覚もすごいなと思います)

 

もちろん、誰もが認めるイケメン、美人というのは、存在すると思いますが、

 

イケメン、美人、美、というものは、人によって評価が変わる、曖昧なもの、定義できないもののはずです。

 

なので、上の調査は、まあ、そういう傾向は多少はあるかもねってくらいの受け止め方です、私は。

 

優位性(成功)とかを考える時、もっと大事なのは、

イケメン、美人であることより、

自分はイケてると思う、自己肯定感だと私は思います。(過度ではなく適度にね)

 

イケメン、美人であることと自己肯定感は密接な関係にもあるので、

そういう意味では、イケメン、美人であることはたしかに大事かもですが。^^

 

イケメン、美人、自己肯定感、

もしも、これらのレベルが低い(と感じている)人に、あえてアドバイスするならば、こう言いたいです。

 

自分がこの世に存在している時点で、自分の父と母はお互いを魅了しあったことを意味します。魅了しあった同士の遺伝子を受け継いだ自分なのだから、少しくらい自信を持って良いのではないでしょうか。

 

、、なんてことを、特段、イケメンでもない自分も考えたりします。^^

 

何度も言いますが、

 

「美」に定義はありません。

そうそう、

「幸福」にも定義はありませんよね。

 

自分なりに見つけていきましょう。磨いていきましょう。作っていきましょう。自分なりの美、自分なりの幸福。

 

上の記事を読んで、そんなことを思ったのでした。

 

ではでは

 

全員から「美」と思われなくて良い、誰かの「美」や「好み」と、自分が一致すればいいだけのことです。

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です